AGA治療について

薄毛・抜け毛で悩んでいる方は多いと思います。

男性の場合、最も多いのが、「男性型脱毛症」と呼ばれるものです。思春期以降に額の生え際や頭のてっぺんが薄くなり進行するタイプの薄毛ですが、他にも遺伝甲状腺の障害や感染症などが原因と考えられています。
AGAは、放っておくと確実に進行する脱毛疾患です。


薄毛は健康保険適応疾患ではありませんので、保険診療ではなく自由診療扱いとなります。

当院ではプロペシア、ザガーロを処方しております。まずは1人で悩まず気軽にご相談ください。

診断内容

男性型脱毛症の診断では、問診により家族歴、脱毛の経過などを聞き、視診により額が後退し前頭部と頭頂部の毛髪が細く短くなっていることを確認します。
男性型脱毛症の診断は比較的容易ですが、円形脱毛症でもゆっくり脱毛が進み頭部全体が疎になるもの、慢性甲状腺炎などの全身性疾患に伴う脱毛症、休止期脱毛、貧血、急激なダイエット、薬剤などによる脱毛を除外することが大切です。
臨床症状だけだは識別が困難な場合には、抜去毛の光顕観察、皮膚生検、血液検査などが必要です。

プロぺシアについて

プロペシア抜け毛の原因物質であるジヒドロテストステロンの産生を抑える薬です。AGA(男性型脱毛症)に効きます。1日1回内服する飲み薬です。90%以上の人で抜け毛の進行を抑える効果が認められ、半数以上の人で改善効果が認められます。これまでの頭にふりかける育毛剤で効果がなかった人にも効果が期待できます。

ザガーロについて

「メタボ」や「体臭」など、男性の印象を左右する要素はいくつかあります。なかでも多くの男性が敏感になりがちで、深刻な悩みに発展しやすいのが「薄毛」です。実際、“薄毛”の悩みはメンタルにも影響を及ぼすケースが多く、「いつも頭を見られているような気がする」、「男としての自信を喪失した」などネガティブ思考に陥った患者様もいます。

薄毛やAGAに悩む人たちが熱視線するザガーロ

薄毛に悩む人たちが秘かに熱い視線を追っている内服薬、それがザガーロです。イギリスのグラクソ・スミスクライン社が製造販売しています。
そんなザガーロの主成分は「デュタステリド」です。日本では「アボルブ」として前立腺肥大症の治療薬としても使用されていますが、薄毛や抜け毛の改善にも効果があることが判明し、2015年9月、新しい薄毛・AGA治療薬として厚生労働省の認可を受けました。
さて、このザガーロですが、薄毛・AGA治療薬としての商品名は「ザガーロカプセル」です。0.1㎎と0.5㎎の2種類の製剤があります。生え際や前頭部、頭頂部における効果は、同様の薄毛・AGA治療薬であるプロペシアより強力とも言われ、すでにデュタステリドとして、世界85カ国で約300万人にザガーロは処方されています。
ザガーロは通信販売や個人輸入代行では販売していませんので、薄毛が気になる方は当クリニックにご相談ください。ただし、自由診療に該当しますので保険が適応されません。ここは注意してください。

 

ザガーロとプロペシアの違いとは?

クリニックで処方されるAGA治療薬として有名なのが「プロペシア(フィナステリド)」です。少し専門的な話になりますが、ザガーロとプロペシアを比べてみましょう。
まず共通しているのはAGA(男性型脱毛症)を誘発する男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を抑制する作用があることです。

ではザガーロとプロペシアの違いはどこにあるのでしょうか。
それはプロペシアの主成分がフィナステリドであるのに対して、ザガーロはデュタステリドであるということです。そのため、プロペシアは男性ホルモンDHTの産生を促す酵素Ⅱ型の阻害にしか作用しませんが、ザガーロは酵素Ⅰ型とⅡ型ともに効用があります。
添付文書の効果効能の欄を見ると、プロペシアは「男性における男性型脱毛症の進行遅延」であるのに対し、ザガーロは「男性における男性型脱毛症」と書かれています。グラクソ・スミスクライン社も「これまで以上の発毛効果が期待され、約1.5~1.6倍の発毛効果がある」と公表しています。
もちろん、薬の効果には個人差がありますので、全ての患者様に同じ結果が期待できるわけではありません。プロペシアで効果が持続する患者様もいますし、ザガーロのほうが効果の高い患者様もいます。こればかりは薬との相性次第です。
当クリニックでは、ザガーロとプロペシア、どちらも処方していますので、しっかりと診断したうえで患者様に合った治療を心がけています。

 

プロペシア、ザガーロに副作用はないの?

医師の指示を守り、正しく適切に使用すれば安全で効果的なAGA治療薬・ザガーロ。ですが、“クスリ”を反対から読むと“リスク”となるように、副作用が起きる可能性はゼロとは言い切れません。サガーロの主な副作用として考えられているのが、

 

  • 勃起不全(ED)
  • リビドーの減退(性欲減退)
  • 精液量減少

といった性機能障害です。
これは、5α-還元酵素が頭部だけではなく、性機能に関わる働きをしているからです。とはいえ、性機能障害の副作用が起こってもED治療薬で対処することもできます。ED治療のアドバイスも行っていますので、両方からのアプローチも可能です。安心して相談してください。

サガーロはこんな人におすすめ

AGA治療薬ザガーロはあくまで薬ですので、服用に関しては、効果、副作用、費用など、複合的に考える必要があります。また、不規則な生活習慣や偏食なども、薄毛やAGAの一因ですので、安易に薬に頼るのではなく、改善できるところはしっかり見直しましょう。
そのうえで次のような人にザガーロはおすすめです。

 

  • プロペシアで効果が実感できなかった人
  • 遺伝で薄毛になった人
  • 育毛剤を使い続けているが全く効果がない人
  • 規則正しい生活を送っているのに薄毛やAGAに悩んでいる人

1人で悩み続けたり、自暴自棄になって自己流に走ったりすることが最も危険です。薬の処方のいかんにかかわらず、薄毛やAGAで悩んでいる人は一度専門医に相談してください。

女性に対しての薄毛治療

最近女性の薄毛を気にする人も増えてきています。

気軽に御相談ください。

祐森クリニック 内科・消化器内科・アレルギー科 AM9:00-12:00 / PM4:30-7:00 眼科 AM9:00-12:00 / PM2:00-3:00 / PM5:00-7:00
077‐594‐5611
お問い合わせはこちら
祐森クリニック 内科・消化器内科・アレルギー科 AM9:00-12:00 / PM4:30-7:00 眼科 AM9:00-12:00 / PM2:00-3:00 / PM5:00-7:00
contact_pc_tell.jpg
お問い合わせはこちら