大津市の内科・眼科・消化器内科なら祐森クリニック
HOME>アンチエイジング治療

アンチエイジング治療

超高濃度ビタミンC点滴
高濃度ビタミンC点滴とは
仲のよい夫婦

超高濃度ビタミンC点滴の効果は、実は沢山あります。肌の張りを保ち、シミや小ジワを防ぐ。風邪などのウィルスや細菌の感染症を予防する。その他にも、ストレスを 和らげる、血中コレステロールを下げる等がありますが、美肌にとってもっとも重要な役割は、コラーゲンの生成のサポートです。コラーゲンの生成にはビタミ ンCが不可欠です。 また、ビタミンCは余分に摂取しても尿から排出されますので、副作用がありません。逆に、体に貯めておくことが出来ないので、定期的に充分摂取する必要が あります。
 

超高濃度ビタミンC点滴の効果・特徴

  • シミの原因となるメラニンの生成を抑え、白く還元(美白)させる働きがあります。
  • 肌の弾力を保つ細胞コラーゲン、エラスチンを増やし、シワ、タルミを予防し、ハリのあるみずみずしい肌へ導きます。
  • 免疫力を高め、全身の倦怠感や疲労の回復を早めます。
  • すべてのガン、抗がん剤や放射線療法との併用も可能です。
  • ビタミンCは余分に摂取しても尿から排出されますので副作用の心配はありません。
プラセンタ療法
プラセンタ療法とは?
仲のよい夫婦

プランタとは胎盤のことをいいます。胎盤は幼児が育つ為に必要な組織です。
この胎盤の中にはたくさんの種類の栄養素が含まれています。
中国では古くから滋養強壮・不老長寿にと利用され、かの有名なクレオパトラやマリーアントワネットも若返りと美容の目的で使っていたとも言われています。

プラセンタの効果
効果1肌がきめ細かく、潤い、張りのある肌になる 効果2肌の免疫力を高める 効果3疲労回復
当院のプラセンタ療法

当クリニックでは人胎盤由来のプラセンタ製剤(ラエンネック)を使用しております。
通院の目安は以下の表をご参考下さい。

  疾患名 通院期間 通院頻度
健康保険適応 肝炎・肝硬変 1年 重症度に応じて週1~3回
医師の指示に従ってください
  疾患名 通院期間 通院頻度
自費診療 更年期障害 3ヶ月 週1~2回
乳汁分泌不全
アトピー性皮膚炎 半年 週1~2回
慢性関節リウマチ 1年 週1回、重症の方は週2回
膠原病 1年以上 週1回
生理痛・生理不順 3ヶ月 週1~2回
気管支喘息 半年 週1回、重症の方は週2回
滋養強壮 1~2ヶ月 任意
体質改善・風邪予防
肌荒れ 1~2ヶ月 任意
腰痛・肩こり等 1~2ヶ月 週1~2回
自律神経失調症 1~2ヶ月 週1~2回
その他

マイヤーズカクテルによる点滴療法もございます。お気軽にご相談下さい。

マイヤーズカクテルとは

米国の代替統合医療のクリニックでは定番の点滴療法です。家庭医のジョン・マイヤーズ医師が考案し、アラン・ガビー医師により米国中に広まりました。インフルエンザ、感冒症候群、慢性疲労症候群、偏頭痛、喘息、うつ病、アスリートの運動能力向上など多くの疾患に有効な点滴療法です。日本ではほとんど知られていませんが、テーラーメイドの点滴の中ではもっとも使い回しの良い治療法で、点滴療法の入門には最適です。
マイヤーズカクテルの基本はマグネシウム、カルシウム、ビタミンB群、ビタミンCといった人間の体の中に存在している栄養素だけを配合し、10~30分で静注します。急速にビタミンやミネラルの血中濃度を上昇させることで薬理学的な効果を期待しています。

マイヤーズカクテルの適応症

気管支喘息、偏頭痛発作、全身倦怠・疲労、慢性疲労症候群、線維筋痛症、うつ病、こむら返り、急性上気道炎、慢性副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、心不全、狭心症、慢性蕁麻疹、甲状腺機能亢進症、生理不順、麻薬の禁断症状。
上記疾患以外にも、耳鳴、自律神経障害、不定愁訴症候群、インフルエンザなどにも有効と言われています。

マイヤーズカクテルの基本処方

マイヤーズカクテルはマグネシウム、カルシウム、ビタミンB群、ビタミンCといった人間の体の中に存在している栄養素だけを配合し、10~30分で静注する治療法で、急速にビタミンやミネラルの血中濃度を上昇させることで薬理学的な効果を期待しています。